交代勤務の辛さ

看護師は基本的に交代勤務をしなければならないものだと言われています。交代勤務でも日勤と夜勤だけではなく三交代制の場合に深夜勤なので夕方以降に仕事に出て行くばかりではなく、夜遅い時間になって仕事に出て行くなんていう事も必要になってきますが、こういった交代勤務というのは独身であるうちは良いですが、結婚したり、結婚しなくてもある程度年齢を重ねていくと、とても辛いものになってくると思います。

特に結婚生活が始まると、交代制の勤務で家庭に大きなダメージを与えてしまうので、できれば交代制の勤務がない職場への転職を考えたりする人がほとんどではないでしょうか。また年齢による体に対しる負担を考えた場合にも、やらり夜勤と日勤の交代勤務というのは体調が悪くなってしまう一番大きな原因なので、日勤のみで働くことを選んだり、夜勤が出来るだけ少ない職場を選んでいくということが大切になってきます。

交代勤務は思わぬダメージを与える

ある程度仕事のリズムに慣れてしまうと、交代制の勤務も自分の中では大丈夫なんて思ってしまうことがあります。でもやっぱり人間の体のサイクルというのは決まっているものなので、交代制の勤務で働いていれば当然体が負担を感じています。そのため突然倒れてしまうなんて言う人もいますし、無理をしているうちに体調の変化に気がつかず気が付いた時には大きな病気になっているなんていう看護師さんもいます。

こういったことを避けるためにも、交代制の勤務についてはできるだけ柔軟な対応をしてくれる職場を探すことが大切だし、特に妊娠初期でも働き続ける看護師さんが多いのですが、このような場合にもやはり交代制の勤務というのは自分の身体的ではなく、お腹の赤ちゃんにも大きな負担を与えてしまうので、日勤のみに切り替えてくれるような職場が良いですね。どうしても切り替えてくれなかったり、無理をしなければならない職場であれば、もう少し今の現状のライフスタイルに合う職場を見つけるというのも良いことではないでしょうか。看護師だからといって必ずしも交代制の勤務をしなければならないわけではありませんし、最近は交代勤務が少ない職場も増えていますので、極端な無理をしながら働くよりも自分の体を守りながら働いていく方が良いです。