正看護師なのに…

看護師が持つ資格には正看護師と准看護師がありますが、正看護師は基本的にどんな職場でも准看護師に比べると優遇される傾向にあります。しかし職場によっては実力を重視している場合があり、長く働いている准看護師よりも、新人の正看護師の方が雑用が多かったり、収入が少なかったりするようなこともあります。このようなことを知らずに正看護師として働き出してしまうと、「私は正看護師なのにどうして准看護師の人よりも雑用が多いの?」と不安に思ったり、思うように休みが取れずに夜勤ばかりで不満を持つことがあります。

このように不満を持っていても実際にそういったシステムとなっている医療機関の場合には、どうにかするなんて言う事はできないと思います。やっぱり正看護師として准看護師よりも看護師らしい仕事をしたり、収入の高い職場が良いと感じているのであれば、職場を変えるしか方法はありませんよね。自分よりも長く働いている准看護師がいる以上、勤続年数を増やすことなんてできませんから、我慢しながら働いていくか、ある程度自分が認められるまで継続年数を増やしていくしかないと思います。それでもやはり納得がいかないようであれば、職場を変えるという方法しかありませんよね。

ナースではたらこってどう?評価と口コミ大公開!|看護師転職ガイド

正看は准看より偉いわけではない。

正看護師の資格を持っていると、どうしても准看護師よりも自分の方が偉いと思ってしまう人がいるようです。しかし資格によって偉いとか偉くないなんていうことはなく、あくまでも正看護師の資格を取得するまでの時間や教養が多いというだけであり、決して正看護師が偉いわけではありませんので、この部分について勘違いをしてしまうと仕事がしにくくなったり、ストレスを必要以上に感じてしまうことになります。

ですから、看護師という資格を持っているのであれば、正看護師であっても准看護師であっても、同じ立場で仕事をしていけるような心持ちも必要だと思いますね。正看護師というだけで准看護師を見下してしまうようでは、患者さんに対しても平等な接し方ができないと思うし、小さなことでも我慢ができずにストレスになってしまうことがあると思います。あまりにも長年働いている准看護師との差がついてしまえば、正看護師としてのプライドが傷ついてしまうので、転職を考える必要もあるとは思いますが、正看護師と言うだけで勤続年数などにこだわらず、准看護師よりも良い条件で働きたいというのは少しわがままなような気もします。